Basic認証の設置方法

1.htaccessの作成
メモ帳などテキストエディタを起動し、下記4行を入力します。
入力後、ファイル名「htaccess.txt」として保存します。

 

htaccess.txtの記述
————————————————————————-
AuthType Basic
AuthName “Please enter your ID and password”
AuthUserFile /var/www/sites/お客様のドメイン名/htdocs/web/.htpasswd
require valid-user
————————————————————————-

 

※2行目に日本語が含まれている場合、文字化けする可能性が高いので注意!
※3行目についてはパスワードファイル(.htpasswd)の設置場所により変更ください。
※ホームページサーバー初期フォルダの絶対パスは
「/var/www/sites/お客様のドメイン名/htdocs/web」になります。

 

2.htpasswdの作成
※.htpasswdとは、.htaccessでBasic認証を行う際のIDとパスワードが記述されている
ファイルのことです。中身は、テキスト形式で1行1アカウントで構成されています。

 

メモ帳などテキストエディタを起動し、下記4行を入力します。
入力後、ファイル名「.htpasswd.txt」として保存します。

メモ帳などテキストエディタを起動し、下記4行を入力します。
入力後、ファイル名「.htpasswd.txt」として保存します。

 

ユーザー名:暗号化されたパスワード

 

パスワードは暗号化がされているため、.htaccessのようにテキストエディタで
そのままパスワードを記入して作成しても、認証は行えません。任意のパスワードを

暗号化するためには、こちらの「簡易版パスワード生成ツール」をご利用ください。
いくつかアカウントを作成すると、下記のような例になります。

 

.htaccess.txtの記述(例)
————————————————————————-
tokyo:PNdiyokIE6mfc
nagoya:j8lqlsKu0rihA
osaka:YmOOnulbzkqdM
————————————————————————-

 

3.FTP接続
FTP接続ソフトで接続し、「.htaccess.txt」と「.htpasswd.txt」をそれぞれの保存先にアップロードします。
FTP接続ソフトで「.htaccess.txt」 → 「.htaccess」にファイル名を変更してください。
FTP接続ソフトで「.htpasswd.txt」 → 「.htpasswd」にファイル名を変更してください。

 

4.動作確認
Basic認証をかけたいページにアクセスし、Basic認証のダイアログボックスが
出てこればアクセス制限がかかっています。
設定したユーザ名とパスワードを入力し、認証が通るか確認してください。

 

認証エラーになる場合は、以下の理由が考えられます。
1.)「ユーザ名」「パスワード」のタイプミス
2.)「.htaccess」と「.htpasswd」の置き場所が間違っている
3.)「.htaccess」に記述した3行目のパスが間違っている。