脱PPAP パスワード付きZIPファイルからの脱却

PPAP とは?

日本においてメールを送る際の習慣の略称です。

  • 内閣府の全職員に対し、外部へのファイル送信時に PPAP 方式を行わないことを通知すると発表しました。
    2020 年 10 月に開始したデジタル化推進に関する国民の意見募集サイト 「デジタル改革アイデアボックス」で PPAP に関して懐疑的な意見が多数寄せられたためです。
    政府組織や大企業も PPAP 脱却へ動き出しており、現在 PPAP を使用してメールを送っている場合は、今後どうするのか方針を考える必要がありそうです。
なぜ PPAP はダメなのか?

ではこの「PPAP」はなぜダメなのでしょうか?
大きな問題として以下の2つがあります。

  • ■メールの盗聴リスク

    PPAP でメールを送ると、仮に攻撃者にメールを盗み見されてしまった場合、暗号ファイルの前後に解凍パスワードを送っているため、暗号ファイルとパスワードの両方が攻撃者に知られてしまう可能性が高く、セキュリティレベルを担保できなくなります。

  • ■ウイルスチェックができない可能性がある

    通常のセキュリティ対策ソフトではパスワード付きZip ファイルは ウイルスチェックができない可能性があり、すり抜けてしまう。


上記の理由から脱 PPAP の動きが広がってきています。
「PPAP」を使わずにメールを送信するには?

「添付ファイルをWEBダウンロード化(URL変換)して送信する」ことでPPAP問題が解決可能です!!

  • 弊社のサービス「@SecuremailPlus Filter」ではメールの添付ファイルを切り離し、ダウンロードURL化してメールを送信します。
選ばれる理由

Point ❶
難しい設定は不要!!
今のメール環境のままご利用いただけます!!

Point ❷
誤送信対策も可能!
PPAP 問題の解決だけでなく、宛先チェックや自動BCC化といった誤送信対策機能もご利用できます!

Point ❸
安心のサポート体制!
トラブルや製品の使い方がわからないときのサポートも充実しています!
サポート担当が必ず電話に出て対応するので、困ったときも安心!!